このページの本文へ

パナソニック、燃料電池・太陽電池・蓄電池の3電池を連携・制御する「RE100ソリューション」実証施設である「H2 KIBOU FIELD」を稼働開始

2022年04月15日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは4月15日より、純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電により、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う「RE100ソリューション」実証施設「H2 KIBOU FIELD」を稼働する。

H2 KIBOU FIELD(空撮写真)

 今回、滋賀県草津拠点に5kW純水素型燃料電池99台(495kW)と太陽電池(およそ570kW)を組み合わせた自家発電設備と余剰電力を蓄えるリチウムイオン蓄電池(およそ1.1MWh)を備えた大規模な実証施設を設置。

 実証施設で発電した電力で、草津拠点内にある燃料電池工場の製造部門の全使用電力を賄うことに加え、3電池連携による最適な電力需給運用に関する技術開発と検証を行なうという。

 3電池を組み合わせることで、広大な設置面積が必要となり、かつ天候の影響を受けやすい太陽光発電の特性を補完し、例えば工場の屋上など限られたスペースでの自家発電設備の設置も可能になるという。

 また蓄電池との連携により、電力使用量がピークになった時でも燃料電池と蓄電池からの電力供給をコントロールすることで、必要な電力を自家発電設備で安定的に賄うこともできるとしている。

 なお、本格的に水素を活用する工場のRE100化は、世界初の試みになるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン