このページの本文へ

IDCF、GPU/HPCサーバーに最適な高負荷ハウジングサービスを開始

2022年03月08日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IDCフロンティアは3月8日より、「東京府中データセンター」において、GPUやHPCサーバーなど超高発熱機器の高集積に対応する「高負荷ハウジングサービス」を提供開始した。

リアドア型空調機専用ラックとモール構成

 本サービスでは、商用のサービスとしては国内初導入とするリアドア型空調機を搭載した専用ラック2架列を、排気面が内側になるように配置して1つのモール構成として覆うことで、各ラックの排気をモール内で混合させて排出する気流システムを導入している。

 これにより、一部の空調機が故障して高温の排気が発生した場合も、正常な空調機の冷気がカバーし、空調システムの冗長性を担保する高い耐障害性を実現しているという。

 また超高発熱対応の専用ラックを、1ラック単位で利用することが可能。1ラック当たり標準で15kVA、最大で20kVAの高電力供給と、大風量・高静圧のファンと中央熱源方式で冷却水を循環させる冷水コイルを組み合わせたリアドア型空調機により、GPUサーバーの複数台搭載やHPCサーバーの高集積に対応できる。

 さらに東京府中データセンターと大手町との接続性に加え、自社データセンターやクラウドサービス間で相互閉域網接続が可能となる。

 そのほか、サーバー構築や運用・監視作業の代行、障害の復旧支援を専門スタッフが行なう「オンサイト運用アウトソーシングサービス」により、ユーザーがデータセンターに入館をすることなくシステム構築と運用が可能だとしている。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!