スプリングスひよし、“カマボコテント”など人気キャンプギアを体験できる「DOD CAMP PARK KYOTO」を4月1日オープン

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「道の駅 スプリングスひよし」

 京都府南丹市「道の駅 スプリングスひよし」に、アウトドアブランド「DOD(ディーオーディー)」とコラボレーションした「DOD CAMP PARK KYOTO」が4月1日にオープンする。2月1日より予約を開始する。

 道の駅 スプリングスひよしは、天然温泉やプール、岩盤浴、道の駅の野菜直売所やスーベニール、レストラン、BBQ、体育館など、多くの付帯施設を持ち、日吉ダムと桂川に隣接する豊かな自然を体験できるトータルキャンプリゾート。DOD CAMP PARK KYOTOでは、芝生の中にウェブ限定販売のDODのテントを22サイト常設し、DODの様々なキャンプアイテムをレンタル体験できる。同市「GRAXPREMIUM CAMP RESORT 京都 るり渓」を運営するチームがプロデュースする。

夕食

 キャンプ初心者でも気軽に楽しめるよう常設したテントに寝具やテーブル、チェア、小物などが付いたプランが用意される。地域の食材を使用した「自分で作る 地産地消 夕・朝食BBQ」や付帯施設の天然温泉入浴券(2日間入り放題)も含まれており、手ぶらでキャンプを体験できる。

常設する「カマボコテント 3M」

 常設するテントは2ルーム型トンネルテント。利用人数は2~4名で、料金は1室9000円〜1万9000円(シーズンで変動する)。小学生以上は大人料金から1500円オフ(中学生以上は大人料金)。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
09月
10月
11月
12月
2019年
07月
08月
2018年
07月
11月
2016年
03月