このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

パソコンを買い替えれば仕事やゲーム、クリエイティブの効率が上がる! オススメディスプレーも紹介

2022年の生活を快適にする、リッチなオススメパソコンを紹介! mouse・G-Tune・DAIVからそれぞれピックアップ

2021年12月29日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

動画編集もサクサクできる15.6型ノートパソコン「DAIV 5N」

「DAIV 5N」

 クリエイター向けブランドのDAIVでオススメしたいのが、15.6型ノートパソコン「DAIV 5N」のプレミアムモデル(関連記事)。主なスペックは、Core i7-11800H、GeForce RTX 3060 Laptop GPU、32GBメモリー、1TB SSD(NVMe対応)という構成だ。8コア/16スレッドCPUとGeForce RTX 3060により、写真編集はもちろん、動画編集もサクサクこなせるのも魅力となっている。

 狭額ベゼルを採用した没入感の高いディスプレーは、sRGB比100%の色域に対応しているのもポイント。画面密度は従来モデルの141ppiから188ppiに向上しており、高精細な画面で解像感のある画像再現が可能となっている。

狭額ベゼルを採用した没入感の高いディスプレー

 サイズはおよそ幅355.5×奥行236.7×20.6mmで、重さは約1.73kg。15.6型ながら2kg以下と比較的軽量で、自宅で場所を移動しての作業や、ちょっと仕事で外出する際に持ち運ぶといった用途でも十分利用できる。

 また、クリエイター向けモデルだと気にしておきたいのがメモリー容量とストレージ速度。DAIV 5Nのプレミアムモデルは標準で32GBメモリーと十分な容量となっているが、最大64GBまでカスタマイズ可能。ストレージも、最大2TBまで強化可能なのに加え、PCI-Express4.0×4接続のSSDも選択できる。さらに、セカンドストレージも追加できるため、できるだけマシンに素材を保存しておきたいという人は、カスタムするといいだろう。

 価格は25万2780円からだが、こちらも2022年1月5日まで23万780円から購入可能。2022年からクリエイターを目指したいという人や、クリエイティブな作業用のノートパソコンをより高性能なモデルに買い替えたいという人は、DAIV 5Nを検討してみてはいかがだろうか。

DAIV 5N プレミアムモデルの主なスペック
CPU Core i7-11800H(2.3GHz~最大4.6GHz)
グラフィックス GeForce RTX 3060 Laptop GPU
メモリー 32GB
ストレージ 1TB SSD(NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(2560×1440ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(2.5GBASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.0 Type-A×2、USB 3.1 Type-A、Thunderbolt 4、HDMI出力端子、ヘッドフォン出力、マイク入力、microSDカードリーダー
サイズ/重要 およそ幅355.5×奥行236.7×高さ20.6mm/約1.73kg
OS Windows 11 Home(64bit)

■関連サイト

ディスプレーもリッチに! WQHD&165Hzのリフレッシュレートに対応する27型「G-MASTER GB2770QSU」

「G-MASTER GB2770QSU」

 最後に、パソコンではないがゲームプレイや作業のクオリティーを上げるディスプレーとして、iiyamaの27型「G-MASTER GB2770QSU」をオススメしたい。

 G-MASTER GB2770QSUは、解像度が2560×1440ドットでリフレッシュレート165Hz、応答速度0.5ms(MPRT)に対応しているのが特徴。高いリフレッシュレートながら、広視野角のIPSパネルを採用しており、ゲームだけでなく仕事のクオリティーも上げてくれる1台だ。ちらつきやティアリングを低減するAMD FreeSyncテクノロジーも搭載しているので、滑らかな映像でゲームを楽しめる。

 3辺狭額ベゼルを採用しているため、没入感も高い。昇降機能やチルト機能を備えているので、自分の最適な角度や向きにしてのゲームプレイや作業が可能だ。加えて、ピボットも可能なので、縦画面にして利用することもできる。

ピボットが可能で画面を縦にすることもできる

 そのほか、ブルーライトを低減する「Blue Light Reducer」や、ゲームプレイで暗い場所の視認性を上げる「黒レベル調整」といったテクノロジーも搭載、さらに、ちらつきを低減する「フリッカーフリーLEDバックライト」を採用するなど、様々なテクノロジーが搭載されているのも魅力だ。

 価格は6万5800円。2022年からはよりリッチな解像度とリフレッシュレートでゲームプレイを楽しみたいという人は、G-MASTER GB2770QSUをチェックしてみてほしい。

(提供:マウスコンピューター)

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ