このページの本文へ

ブルーのアクセントが印象的な、ポップな外観も魅力

2万2000円とリーズナブル! 高耐久で子供でも気軽に使いやすい2 in 1Windowsタブレット「mouse E10」がすごい

2021年12月17日 09時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「mouse E10」

GIGAスクール構造を想定して開発された2 in 1パソコンが「mouse」ブランドからも販売開始

 「mouse E10」は、マウスコンピューターの一般向けパソコン「mouse」ブランドに、新たにラインアップされた10.1型Windowsタブレットだ。もともとは、いわゆる「GIGAスクール構想」に対応した2 in 1パソコンで、文教分野でのITC活用を視野に開発されたモデルだったが、こちらがスタンダードパソコンを取りあつかうmouseでも登場したというわけだ。

 学校で生徒が使いやすいように開発されているだけあって、子供が利用しやすいために様々な工夫が施されているのがポイント。加えて、mouse E10は明るいブルーのアクセントが印象的な、ポップな外観に仕上がっており、mouseブランドのようなスタイリッシュなマシンというよりかは、子供でも気軽に触りやすいデザインになっているのも特徴だ。

ポップな外観にしっかりした造りを落とし込んだ
安心の防塵防滴・耐落下性能

 今回は仕様を中心に、その魅了をチェックしていこう。

 まず特徴的なのが、その防滴防塵・耐落下性能だ。mouse E10はMIL規格準拠の落下テストをクリアしたという高さ76cmからの落下衝撃耐性を備えており、IP54規格に準拠した防滴防塵設計になっている。

 JIS規格での机の高さは6号が760mm、5号が700mmであり、6号の適応身長は1730mm以上とされている。このことから、多くの学校では最大で6号サイズの学習机が導入されていると思われるが、mouse E10はちょうど、このラインの高さからの落下に耐性があるということになる。

 またIP54規格については、粉塵の侵入を完全に防止するわけではないが、動作には影響がなく、全方向からの飛沫による影響を受けないというラインだ。

 本体を観察してみると、落下する際に角になる部分に本体が自立するためのスタンドのヒンジを太めに取ってあり、かつ、ベゼルも最近のタブレットのトレンドから比較すると太めだ。また、強くひねってもたわみ感は少なく、硬度と粘りがある強い樹脂が使われていることもわかる。

 学校での利用では、机から落下したり、埃や水飛沫に気を使わずに扱うことも想定されるため、防滴防塵・耐落下性能ともに必要十分以上の性能を備えている点は、大きな安心材料になる。学校だけでなく、自宅で子供用パソコンとして導入する場合も、この堅牢性は安心できるポイントとなるだろう。

背面に収納できるスタンドで自立する

 さまざまな使用環境に配慮した、フレキシブル性のある使用感も本機の特徴。

左側面にmicro HDMI端子、USB 2.0端子(micro-B)×1、USB 3.0(Type-C)端子×1、へッドフォン出力・マイク入力兼用端子(4極コンボミニジャック)、さらに、microSDスロットを備える

右側面は、電源ボタン、ボリューム大/小ボタンとシンプル

 まずインターフェースとして、左側面にmicro HDMI端子、USB 2.0端子(micro-B)×1、USB 3.0(Type-C)端子×1、へッドフォン出力・マイク入力兼用端子(4極コンボミニジャック)、さらに、microSDスロットを備え、ワイヤレス環境として、IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 5での無線通信に対応する。

スタンド部分は、180度の展開でハンドルになる

 また、本体の背面には収納式のスタンドが設けられている。このスタンドは、180度展開することでハンドルの役割も果たせる。移動教室などの際のあつかいやすさを高めている工夫だ。

本体の背面にスタイラスの収納部を設けている

スタンドを閉じた状態でも収納できる

 mouse E10の購入者は、オプションとして、Microsoft Pen Protocolに準拠したスタイラスを購入できる。本体の背面に収納スペースを設けているが、スタンドを閉じた状態でも、ハンドル用の穴から収納できる仕様になっている。

 自立させるためのスタンドにハンドルとしての役割を持たせているだけでなく、スタイラスの収納部にも閉じた状態でもアクセスできるように穴の位置を合わせている点は、3つの要素がうまく1ヵ所に収まっている面白さが感じられる部分だ。いわばスペックの数値には現れない、mouse E10の魅力の1つだろう。

オードは着脱式で、キーボードは着脱式

 キーボードは着脱式で、本体側の孔とキーボードがわの突起を合わせることで、真ん中の接続用端子の位置が合う仕様になっている。着脱の機構がシンプルな点も好印象。通常、キーボードのヒンジに該当する部分は、ファブリック素材を採用していて、意図しない力がかかって折れてしまう心配もない。

着脱部の機構はシンプルで、故障の心配も少ない

 このように、数多くのPCを開発してきたマウスコンピューターならではの、児童や生徒が使いやすい工夫をさまざまなポイントに盛り込んでいるのが、mouse E10の特徴だ。

 そのほか主なスペックは最小構成時でWindows 10 Pro(64bit)、Celeron N4000、4GBメモリー、64GB eMMCなど。ディスプレーは10.1型(1280×800ドット/10点マルチタッチ対応)で、サイズはおよそ幅320×奥行き240×高さ85mm、重量は本体のみでおよそ980g、キーボードカバー込みでおよそ1.28kgなどとなっている。

 価格は2万2000円と、かなりリーズナブル。文教向けのパソコンとして必要十分なスペックを備えつつ、豊富なインターフェースや、教育現場での仕様を想定した数々の工夫、そして10点マルチタッチやスタイラスへの対応を加味すると、GIGAスクール向けのパソコンとしてはもちろん、家庭で子供が使う初めてのパソコンとしても、オススメしたい1台となっている。

mouse E10の主なスペック
CPU Celeron N4000
グラフィックス インテル UHD グラフィックス600
メモリー 4GB
ストレージ 64GB eMMC
ディスプレー 10.1型(1280×800ドット)、10点マルチタッチ対応、静電容量方式、硬度6H、MPP準拠ペン対応
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.0 Type-C、micro USB 2.0、microHDMI端子、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用端子
サイズ/重量(本体) およそ幅274.×奥行199.7×高さ12.3mm/約980g
サイズ/重量(キーボードカバー含む) およそ幅279.5×奥行200.0×高さ31.2mm/約1.28kg
Office KINGSOFT WPS Office 2 Standard ダウンロード版 (ワープロ/表計算/プレゼンテーション/PDF閲覧)
OS Windows 10 Pro(64bit)

カテゴリートップへ