このページの本文へ

普段使いならかなり快適、軽い写真編集やゲームも可能

12万円台でRyzen 7 5700G搭載のミニタワーPC「STYLE-M0P5-R75G-EZX」、コンパクトで汎用性高い性能も魅力!

2021年12月06日 11時00分更新

文● 藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミニタワーに必要十分なスペックを詰め込んだ1台

高さ360mmのコンパクトなミニタワーを採用

 STYLE-M0P5-R75G-EZXは、シンプルなデザインのミニタワーケースに、日常使いからビジネスアプリを使ったレポートやプレゼンの作成、軽い写真や動画の編集などが行なえるスペックが詰め込まれている。

フロントは飽きのこないシンプルなフラットデザインになっている

 主な仕様は、Ryzen 7 5700Gのほか、iGPUのパフォーマンスに影響するメモリーに、高速な3200MHz駆動のDDR4-3200 16GB(8GB×2)、容量500GBのNVMe M.2 SSD、音楽CDのデジタル化といった用途で、あると便利なDVDスーパーマルチドライブなどという構成だ。

 インターフェースは、フロント中央のパネルを開くと、2基のUSB 3.0 Type-Aと、マイク入力、ヘッドフォン出力を装備。リアは、USB 3.1 Type-A、USB 3.1 Type-C、USB 3.0 Type-A×4基、USB 2.0 Type-A×2基のほか、HDMIとDisplayPort、D-Sub 15ピンの3系統出力などを搭載している。

フロントインターフェースには、中央のパネルを開けてアクセスする

使用しないときは閉じておける

拡張性も十分な内部構成

 STYLE-M0P5-R75G-EZXの概要を把握したあとは、内部を眺めていこう。コンパクトだが、3.5インチベイを備え、データ用にHDDや2.5インチSSDを増設するのも容易になっている。PCI Express x16スロットなど、拡張スロットも備わっているので、ビデオカードやキャプチャーカードなどを追加することも可能になっている。

 標準装備の500GB NVMe M.2 SSDにはヒートシンクを装備しているので、高速だが発熱量が多いNVMe M.2 SSDの最大パフォーマンスを安定して引き出せるようになっている。

PC内部レイアウト。5インチベイや3.5インチベイが備わっている

3.5インチベイ×4を備え、1つは2.5インチと兼用になっている

標準搭載のNVMe M.2 SSDにはヒートシンクを装備している

AMD純正CPUクーラーが装備されていた

リアには排気ファンを装備。CPUの熱をケース外にしっかりと排気

カテゴリートップへ