このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第795回

需要に追いついている:

アップル、iPhoneやMacBook Proの出荷状況を改善か

2021年11月25日 09時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルの新型14インチMacBook Proや16インチMacBook Pro、そしてiPhone 13の納期が短くなってきているという。投資銀行ゴールドマン・サックスの研究者が11月17日に報告した。

 同研究者のレポートによると「MacBook Proの納期は引き続き長いものの、10月18日の発売日から考えると着実に短くなってきている」という。

 「データからわかることは、アップルの供給はiPhoneとMacの両方で徐々に追いついてきている。例えばMacBookの場合、ほとんどの地域で先週と比較して4〜7日短縮されている」とのこと。

 いまから注文する人は、以前よりは早く入手できるのかもしれない。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中