このページの本文へ

バッファロー、nasneに録画したテレビ番組データを新しいnasneへダビングする「お引越しダビング」機能を11月24日より提供開始

2021年11月12日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローは11月24日より、ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」に録画したテレビ番組データを新しいnasneへダビングする「お引越しダビング」機能の提供を開始する。

 同社はソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)協力のもと継承したnasneのシステムソフトウェアのアップデートを実施。本アップデート(無償)をすることでユーザーは、お引越しダビング機能が利用可能となる。

 お引越しダビング機能は、同一ネットワークに接続したnasne同士で、録画番組のダビングが可能となる機能。nasne本体に録画したテレビ番組だけでなく外付けハードディスクに録画したテレビ番組もダビングできる。

 なお、データのダビングはバッファロー製のnasneだけでなく、SIEが2019年まで発売したnasneからもダビング可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン