このページの本文へ

楽天モバイル、契約数は411万と公表 「2023年の単月黒字は十分可能」

2021年11月11日 17時15分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天グループは、2021年度第3四半期(7~9月)の決算説明会を開催。その中でモバイル事業の現状について説明し、9月時点のMNOの契約数は411万であること、現状のユーザー数の伸びをさらに拡大することで「2023年の単月黒字は十分可能」であるという見通しを示した。

 楽天モバイルでは、従来は申込数の累計を公表してきたが、今回の説明会では契約者数をグラフで紹介。9月時点での契約者数は510万で、そのうち自社でネットワークを構築しているMNOのユーザーは411万としている(残りは新規受付を終了しているMVNOのサービスの契約者)。

 過去の数字についても今回公開された。1年間無料キャンペーン終了にともなう駆け込み需要があった今年3月は特に大きく伸びているが、その後も前年同期比で約2倍となる月あたり15~20万程度のペースで増加し続けている。この増加について、楽天グループのトップである三木谷浩史氏は「順調」という認識を示した。

 また、当初は今夏にも人口カバー率96%を予定していたサービスエリアの拡大は、「半導体不足」という理由で遅れているが、来春にはそれも達成。自社ネットワークに接続したユーザーは、利用データ量が倍くらい違うとしており、エリア拡大とともにデータの利用量が増え、結果としてユーザーの支払額も増加することを見込んでいる。

 楽天グループでは、シンガポールに設立した楽天シンフォニーを通じて、楽天モバイルで実現した完全仮想化モバイルネットワーク構築を通信事業者に提供するビジネスを展開、独1&1社のモバイルネットワーク構築で合意するなど実績ができつつある。この楽天シンフォニーと楽天モバイルを合わせた通信事業において、参入当初から予定していた2023年時点での単月黒字は十分可能とした。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン