このページの本文へ

送金アプリ「pring」が中国銀行に対応

2021年10月25日 12時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 pringは、送金アプリ「pring(プリン)」が10月25日、中国銀行に対応したと発表した。

 これにより、中国銀行の口座を持っているユーザーは、口座からプリンアプリへ入出金、友人や家族との送受金を利用可能となる。

 登録手順はスマホにプリンアプリをダウンロードし、ニックネーム登録と端末認証を行なった後、eKYC(オンライン本人確認)の実施。銀行口座を連携し、必要情報を確認後、銀行遷移画面へ移動して、登録完了となる。

 pringは、チャット感覚で簡単にお金を送りあえる無料送金アプリ。アプリのトップページから相手を選択し、送りたい・受け取りたい金額とメッセージを入力して送信するだけ。そのほか、やりとりしたお金を口座に戻したり、全国のセブン銀行ATMで現金として引き出すことも可能。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII FinTech お勧め記事
ピックアップ