このページの本文へ

In Win「P105」、「P125」

3つのファン制御モードを備えるIn Winの電源ユニット

2021年10月22日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 In Winから、80PLUS GOLD認証電源ユニットの新モデル、1050Wの「P105」(2万799円)と1250Wの「P125」(2万3800円)が発売された。パソコンショップアークで販売中だ。

80PLUS GOLD認証電源ユニットの新モデル、1050Wの「P105」と1250Wの「P125」

 In Winの電源ユニット「P」シリーズの新製品。搭載ファンは135mmタイプ。状態に応じてファンを自動制御するスマートファンテクノロジーを備えており、3つの制御モードによりファンの回転数を調整するのが特徴だ。

 具体的には、システム負荷が20%を下回るとファンは自動的に停止する「ゼロRPMファンモード」、システム負荷が20%を超えるとファンが自動的に作動しする「冷却モード」、システム終了時にファンが60秒間作動し、溜まった熱を効果的に排出する「シャットダウン冷却モード」が用意されている。

「シャットダウン冷却モード」など3つの制御モードを備えるのが特徴だ

 そのほか、保護回路はOCP(過電流保護回路)、OVP(過電圧保護回路)、SCP(短絡回路保護)、OPP(過負荷保護回路)、OTP(過温度保護回路)、UVP(低電圧保護回路)。全体サイズは150(W)×160(D)×86(H)mmとなっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中