このページの本文へ

5000円オフになる「秋売り尽くしセール第2弾」の対象モデル

10万円以下でRyzen 7搭載、仕事やエンタメにしっかり使える15.6型ノートPC「mouse B5-R7」はPC初心者や家庭用PCにもオススメ!

2021年10月22日 13時00分更新

文● 柴田尚 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マウスコンピューターの15.6型ノートパソコン「mouse B5-R7」

 マウスコンピューターが販売する「mouse B5-R7」は、15.6型ディスプレーを搭載したスタンダードノートパソコンだ。CPUにRyzen 7 4800Uを採用しており、9万8780円という低く抑えられた価格が魅力的に感じる。

 主な仕様は、CPUがRyzen 7 4800U(1.80GHz、8コア/16スレッド)、メモリーが8GB、ストレージがNVMe接続の256GB SSD、グラフィックスがAMD Radeonグラフィックスという構成だ。ディスプレーの解像度は、フルHD(1920×1080ドット)となる。

 前々回の外観紹介、前回の使い勝手紹介に続き、各種ベンチマークでmouse B5-R7の実力をチェックしてみよう。

一般的な作業なら軽快に扱えるモデル

 まずは、パソコン全体の性能を計測する「PCMark 10」を走らせてみた。計測した結果、総合スコアは4842であった。詳細を見ると、アプリケーションの起動時間やブラウザーの描画などの能力を見る「Essential」では8707とかなりのスコアになっている。WordやExcelといったビジネス系アプリケーションの動作能力を見る「Productivity」でも、7552と高いスコアを算出した。

 一方、3Dグラフィックスの描画や画像・動画編集能力を見る「Digital Content Creation」は4687というスコアとなったが、これはCPU内蔵グラフィックスであることを考えれば十分だ。

「PCMark 10」の結果

 次にCPUの性能をチェックする「CINEBENCH R23」を使ってみたところ、CPU総合は9293pts、CPUコア単体が1213ptsというスコアに。ベンチマーク内のランキングによれば、Core i9-9880Hとほぼ同等となっている。

「CINEBENCH R23」の結果

 ストレージのアクセス速度は、「CrystalDiskMark 8.0.2」でチェック。以下のように、NVMe SSDの実力が発揮されていることがわかるスコアとなった。

「CrystalDiskMark 8.0.2」の結果

 それでは、3D系ゲームのベンチマークに入ろう。最初に起動したのは、「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマーク」。設定は画質が「標準品質」、解像度が「1024×768」、表示は「ウィンドウ」。これらの条件で計測した結果、スコアは4460で、評価は「普通」となった。

「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマーク」のスコア

 オフラインゲームのゲームベンチマークとして、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver1.2」を使用した。設定は、画質が「軽量品質」、解像度が「1280×720」、表示が「ウィンドウ」。一番軽い状態にしたのだが、スコアは1766で評価は「動作困難」となってしまった。CPU内蔵グラフィックスであるため、3D系のゲームが厳しいのはいたしかたのないところだろう。

「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK ver1.2」のスコア

 最後にチェックしたのは、3Dグラフィックス機能に特化したベンチマーク「3DMark」。その中の「Time Spy」のスコアは717となり、やはり3D系は厳しいようだ。

「Time Spy」のスコア

 ただし、統合グラフィックス向けの「Night Raid」では7881となかなかのスコアとなっているため、3Dに特化したゲームでなければ十分遊ぶことはできそうだ。

「Night Raid」のスコア

 これらのチェックにより、mouse B5-R7は3Dグラフィックスは厳しいものの、それ以外の作業は快適にこなせるスペックを持っていることがおわかりいただけたと思う。それでいて価格が10万円以下のため、コストパフォーマンスは非常に高い。

 なお、10月27日までの間、マウスコンピューターのウェブ通販サイトでは、対象モデルが5000円オフになる「秋売り尽くしセール第2弾」を実施中だ。mouse B5-R7も本セールの対象で、通常モデルは9万3280円、Officeソフト搭載の「mouse B5-R7-A」は11万5280円で販売中だ。パソコン初心者や家族用パソコンなどにはうってつけのモデルなので、気になる人は本セールをチェックしてみてほしい。

試用機の主なスペック
機種名 mouse B5-R7
CPU Ryzen 7 4800U(1.8GHz、8コア/16スレッド)
グラフィックス AMD Radeonグラフィックス
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ -
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0、ギガビット有線LAN
インターフェース USB 3.1 Type-C(DisplayPort Alt Mode、USB PD対応)、USB 3.0(Type-A)、USB 2.0(Type-A)、HDMI出力端子、3.5mmヘッドフォン/ヘッドセット端子、microSDメモリーカードリーダー、有線LAN端子
内蔵カメラ 100万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 およそ幅360.4×奥行239.3×高さ19.9mm/約1.62kg
バッテリー駆動時間 公称約7.0時間
OS Windows 10 Home(64bit)

カテゴリートップへ