このページの本文へ

ドコモ、14日の大規模障害で緊急会見 原因はIoT向けサーバー切替工事の不具合

2021年10月15日 14時30分更新

文● オカモト/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、14日17時頃から発生した音声通話・データ通信の大規模障害について、メディア向けに説明会を開催した。

 今回の障害は、タクシーの電子決済や自動販売機といったIoTサービス向けの加入者/位置情報サーバーの切替工事を14日未明から開始。その途中で不具合を確認したため、旧設備への切り戻しを実施したが、その際にIoT機器に位置情報の登録を促したところ、その通信によって輻輳が発生。すべての位置登録信号に対するネットワークコントロールを実施した結果、音声通話/データ通信が利用しづらくなった。

 その後、19時57分からは順次回復が進んだが、回線の混雑により、一部使いづらい状況が続き、5G/4Gが回復したのは15日5時5分。また、3Gについてはまだ一部繋がりにくい状況で継続して対応が続いている。

 今回の障害による影響規模は、端末の位置登録できなかったのが約200万ユーザーとしているが、実際にはネットワークが混雑したことで通信しづらいなどの影響を受けたユーザーの数はそれより多いと想定できる。その具体的な範囲は特定しにくい部分があるが、対前週比で音声呼で15%、データトラフィックが4%減少しており、それに近い規模で影響が発生したと考えられるとしている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン