このページの本文へ

DJI、スマホクランプ付属&ボディーに延長ロッドを内蔵したスマホ用スタビライザー「DJI OM 5」を発表

2021年09月09日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DJIは9月9日、パワフルな性能を備え操作性が高いスマートフォン用スタビライザー「DJI OM 5」を発表した。

 Osmo Mobileシリーズの最新モデルとなる本製品は、スマホクランプが付属し、ボディーには延長ロッドを内蔵。前作よりさらにコンパクトかつ軽量なデザインにアップデートしている。

 また同社の3軸手ブレ補正技術は、歩いているシーンからスポーツシーンまで幅広く対応。新機能の「ShotGuides」を使えば、30組におよぶプリセットの撮影チュートリアルを参考にしながらプロのように撮影でき、自動編集で簡単に動画を作成することが可能としている。

 さらに刷新されたActiveTrack 4.0は、最大5m/sのスピードで、最大3倍のズームを使ったトラッキングに対応。被写体が激しく動いていても正確に認識し続け、被写体をフレームの中心に捉えながら安定したトラッキングを実行できる。

 そのほかハンドジェスチャーで動画撮影の開始・終了を操作できたり、ズーム機能を自動的に調整することにより背景をドラマチックに動かせる「DynamicZoom」、パノラマ撮影や美顔効果などさまざまな機能を搭載している。

 なお本製品はDJI公式オンラインストアstore.dji.comにて先行販売中。カラーはサンセット ホワイトとアテネ グレーの2色展開で、磁気クランプ/三脚/電源ケーブル/リストストラップ/収納ポーチが同梱され、価格は1万7930円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン