このページの本文へ

勉強会でスマホデビューをサポート

65歳以上にスマホを無料貸与、渋谷区とKDDIがデジタル格差解消へ

2021年09月06日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホ勉強会の実際の様子

 渋谷区とKDDIは9月6日、高齢者のデジタルデバイド解消による生活の質(QOL)向上を目的とし、渋谷区が募集した65歳以上でスマホを保有していないおよそ1700名の渋谷区民を対象に、スマホを無料で貸し出す実証事業を開始した。

 本実証とあわせて、勉強会などによるスマホデビュー時のサポートや、本実証参加者のスマホ利用状況の分析結果を基にした利用促進サポートを実施する。高齢者がスマホを使い始めてから使いこなせるようになるまで継続的にサポートすることで、デジタルデバイド解消によるQOL向上を目指す。

 渋谷区の65歳以上の高齢者およそ4万3000人のうち、およそ25%はスマホを保有していないなど、デジタルサービスを十分に活用できていない状況という。デジタルサービスを普段から活用できていないと、災害時に避難情報がリアルタイムに届かない、オンライン申請など非接触型サービスの活用ができないなどの問題が生じ、高齢者のデジタルデバイド解消は喫緊の課題としている。

本実証の全体イメージ

 本実証では、参加者にスマホを2年間無料で貸与し、勉強会を開催する。また、コールセンターの相談受付や遠隔での操作サポートを実施し、高齢者のスマホデビューを支援する。スマホ利用開始時には渋谷区防災アプリや健康アプリ、キャッシュレスアプリをプリインストールし、勉強会で使い方の講習を行なう。

 本実証参加者のアプリなどの利用ログや勉強会などにおけるアンケート情報を収集し、個人の特定ができない形で利用状況を可視化することにより、高齢者のスマホ利用の活性化に対する課題を抽出する。分析した結果を踏まえ、スマホ利用を促進するためのサポートを実施していく。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン