東京都 デジタルサービス局 デジタルサービス推進部ネットワーク推進室(旧 次世代通信推進課note)連動企画 第36回

【連載】西新宿で5G搭載スマートポールの整備エリア拡大

文●次世代通信推進課

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

※新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

 新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省や首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

 東京都 デジタルサービス局 デジタルサービス推進部です。(旧 次世代通信推進課note)。デジタルサービス局は、デジタルの力を活用した行政を総合的に推進し、都政のQOSを飛躍的に向上させるため、新たに設置した組織です。その中で、ネットワーク推進課は、東京の成長戦略やICT利活用の更なる推進のため、2019年(平成31年)4月に新たに設置された組織です。その中で、次世代通信推進課は、TOKYO Data Highwayの構築を推進し、いつでも、誰でも、どこでも「つながる東京」の実現に向け、取り組んでいます。

 都民の皆様がどこにいてもサクサクつながる環境を構築するため、全国初となる5Gアンテナ基地局を搭載するスマートポールの試行設置や通信事業者が5Gアンテナ基地局を設置しやすいように、行政財産を開放するなど様々な取組みを展開しています。こうした日々の取組みを都民の皆様に情報発信していきます。

 前回の紹介記事はこちら。

【連載】MaaSの実証を行ないました part2

※過去の連載記事はこちら:東京都 デジタルサービス局 デジタルサービス推進部ネットワーク推進室(旧 次世代通信推進課note)連動企画

 みなさんこんにちは。今回はスマートポールに関する事業者公募についてご報告します。

 4月23日から「西新宿エリアにおけるスマートポールの面的設置、運用及び検証事業」に係る協働事業者の募集を開始しました!
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/04/23/08.html

 東京都では、5Gアンテナ基地局、高速Wi-Fi及びセンサー等の様々な機能を備えた次世代都市インフラであるスマートポールの設置を進めています。

 令和2年度は「先行・試行設置」として複数の事業者の協力を得ながら、西新宿エリアに計9基のスマートポールを設置し、その有用性等の検証を開始しました。
https://note.com/smart_tokyo/n/n8b309d8031da

 令和2年度の検証結果報告書を以下に公開していますのでご覧ください。
https://www.digitalservice.metro.tokyo.lg.jp/tokyodatahighway/smart_pole.html

 令和3年度は、西新宿エリアで面的にスマートポールを設置し、スマートポールに搭載する5G、Wi-Fi、サイネージ及びセンサー等の有用性及び収益性等について検証することで、今後の展開についての方針を明確化することとしています。

新たに20基を設置する協働事業者を募集

 そこで、令和3年度にスマートポールを新たに設置し、都と協力して検証を行なう協働事業者を募集します。協働事業者は、事業の今後の展開についての方針を検討するパートナーとして、都とともに各種の検証に取り組んでいきます。募集期間は6月2日(水)13時までです。

西新宿を先端技術の実証フィールドへ

 スマートポールは、5GやWi-Fiで「つながる」、人流解析カメラ等で「見える」、デジタルサイネージによって「伝わる」という3つの機能を有しています。

 これらを活用することで、5Gで動く自動配送ロボットや、マスクの装着状況、人流など街の見える化、伝わる広報などの検証に多様な主体が取り組むことができるようになります。スマートポールを活用し、西新宿を先端技術の実証フィールドにすることで、先端技術を活用した取組を集積し、「スマート東京」を早期に実現していきたいと考えています。

 事業者募集に関する詳細は以下となります。ご応募お待ちしております!

https://www.digitalservice.metro.tokyo.lg.jp/tokyodatahighway/smart_pole.html

◆この記事は、下記より転載しています
https://note.com/smart_tokyo