このページの本文へ

4K HDMI出力や有線LAN搭載でノートPCの機能を拡張できる多機能USB Type-Cドック

2021年09月03日 14時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 画面出力や有線LAN、カードリーダーなどの機能を増設できる、USB Type-C接続のドッキングステーション「UDS-4K02P」「UDS-4K01」がミヨシから発売。東映ランドにて販売中だ。

USB Type-Cポートを備えたノートPCなどの機能を拡張可能な、多機能Type-Cドック。ディスプレーや周辺機器をまとめて接続できる

 USB Type-Cポート一つで複数の機器を接続できる、Type-Cドッキングステーションの新モデル。ディスプレーや有線LAN、外付けストレージといったデバイスの接続が可能で、ノートPCなどの機能を大幅に拡張できる。

 搭載ポートは、最大4K/60Hz対応のHDMI、ギガビット対応の有線LANポート、USB3.2 Gen1 Type-Aポート×2、SD/microSDカードリーダー。さらに上位モデルのUDS-4K02Pには、最大100WのUSB PDに対応した充電専用のType-Cポートも備えている。

2モデルとも搭載ポートはほぼ共通だが、上位モデルにはUSB PD 3.0対応の給電ポートも付いている

 いずれもドッキングステーションとしては長めの50cmケーブルを採用。スリムなL型コネクターになっており、スッキリ接続できる点も特長だ。店頭に置ける販売価格は、USB PD対応のUDS-4K02Pが8580円、UDS-4K01が6980円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン