このページの本文へ

家庭内でも設置しやすいコンパクトサイズ

フィリップス、家庭用AED「ハートスタートHS1 Home」を予約販売へ

2021年09月01日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

家庭向けAED「ハートスタートHS1 Home」

 フィリップス・ジャパンは、家庭向けAED「ハートスタートHS1 Home」の予約販売を9月9日より、Amazon、ダイバーシティメディアにて開始する。

 ハートスタートHS1 Homeは、アメリカで一般人が医師の処方箋なしで購入することを認められた初のAEDであるHS1(エイチエスワン)シリーズの家庭向け製品。重量がおよそ1.5kgと持ち運びやすく、家庭内でも設置しやすいコンパクトなサイズで、どこからでも見つけやすく視認性が高い赤色のデザインを採用。

 自動セルフテストや自動音声ガイダンス機能を兼ね備えており、緊急時に誰でも簡単に操作ができる使いやすさを追求している。また、心臓への負担を考え、低エネルギー(150J)で除細動に必要な電流を流す技術を搭載。

 小学生以下の未就学の子どもにも対応しており、小児用のパッド(オプション)へ付け替えると小児モードに自動で切り替わり、小児/成人モードの間違いを減らせるとする。

 トレーニング用のパッド(オプション)に付け替えることで、AEDを訓練機(トレーナー)としても使用できる。

カテゴリートップへ

アクセスランキング
ピックアップ