このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第736回

開発は積極的:

アップル「折りたたみiPhone」発売はまだ2〜3年かかる模様

2021年08月23日 19時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは折りたたみ式iPhoneの開発に積極的に取り組んでいるが、発売にはまだかかりそうだという。米メディアBloombergのMark Gurman記者がニュースレターで8月1日に報じた。

 同氏はアップルが今年初めに折りたたみ式iPhoneのプロトタイプを作成したものの、発売までには少なくともあと2〜3年かかるだろうと伝えている。

 また、同氏個人の予想としてだが、折りたたみ式iPhoneのサイズは7インチから8インチになるという。

 折りたたみ式iPhoneのうわさについてはたびたび伝えられているが、発売にはまだ時間が必要なようだ。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中