このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第673回

現行のiPad miniと同じくらいのサイズ:

アップル「折りたたみiPhone」8インチで2023年発売?

2021年05月25日 14時40分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは8インチサイズの折りたたみ式iPhoneの2023年発売に向けて取り組んでいるという。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が5月2日に予測を出した。

 同氏は以前から「折りたたみ式iPhoneは2023年発売」の予測を出していたが、今回の予測では、前回7.5〜8インチと言われていた画面について、8インチQHD+フレキシブル有機ELディスプレーとした。

 また、「折りたたみ式iPhoneはすべてのスマホブランドにとってなくてはならないものであり、ハイエンドモデルの交換サイクルを後押しするものになる」とも指摘している。

 ちなみに現行のiPad miniは7.9インチであることを考えると、折りたたみiPhoneはこれを2つに折ったサイズになると思われる。けっこうでかい。

 

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中