このページの本文へ

ケンタウロスワークス、早稲田リーガルコモンズ法律事務所とともに

シヤチハタ、ブロックチェーンを利用した電子印鑑システム「NFT印鑑」を開発

2021年08月18日 16時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シヤチハタは8月18日、ケンタウロスワークス、早稲田リーガルコモンズ法律事務所とブロックチェーンを利用した電子印鑑システム「NFT印鑑」を共同開発することで合意したと発表した。

NFT印鑑によって押印された印影をクリックした際に表示される画面のイメージ

 NFTとは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」のことで、NFT印鑑は、印影データをNFT化することで、利用者情報と電子印鑑を結び付け、本人の識別や証明ができるだけでなく、プロセスを変えずにデジタル化することが可能。

 またNFT印鑑は、JCBI(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ)が運営管理する自立分散型で高い信頼性が担保されたコンソーシアムチェーンによって、高度なセキュリティーに配慮しつつ信頼性を確保できるという。

 今後は、同社が長年培ってきた電子印鑑に関わるノウハウをベースにケンタウロスワークスの持つブロックチェーン技術を取り入れ、早稲田リーガルコモンズ法律事務所の法的知見をもとに、さまざまな電子契約システム間で利用できるサービスとして提供していくとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン