このページの本文へ

サードウェーブ、三菱UFJ銀行&三井住友銀行と100億円シンジケートローンの契約締結

2021年08月02日 15時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは7月27日付けで、三菱UFJ銀行をアレンジャー、三井住友銀行をコアレンジャーとする100億円シンジケートローンの契約を締結したことを発表した。

 本契約の締結によって、同社の成長戦略を支える財務基盤の安定化を図ることで、中期経営計画に基づく事業推進を加速し、デジタル社会の進歩・発展、および社会に対し一層貢献していくとしている。

 同社はパソコン専門店「ドスパラ」、デジタル雑貨ブランド「上海問屋」の運営をはじめ、ゲーミングPC「GALLERIA」など国内生産のPCブランドを企画・製造しているほか、​eスポーツ大会「GALLERIA GLOBAL CHALLENGE」、eスポーツを新たな文化とすべく開催する『全国高校eスポーツ選手権』を特別協賛している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ