このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

LIFEBOOK UH Keyboard

FM-8以来40周年を迎えた富士通、記念碑として世界最軽量ノートのキーボードを

2021年07月20日 14時00分更新

文● 大河原克行 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

FCCLの「Day 1000」の記者会見において、齋藤邦彰社長(当時)のプレゼンテーションで公開していたキーボード

 富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、2021年7月15日午前11時に開始したモバイルキーボード「LIFEBOOK UH Keyboard」のクラウドファンディングが、わずか4時間を経たずに、目標支援総額の500万円を到達した。現在も支援総額は増加しており、7月20日午前9時過ぎには、3000万円を突破し、達成率は600%以上となっている。

月20日午前9時過ぎには支援総額が3000万円を突破した

 FCCL社内では、営業部門を中心に、「支援総額が1000万円に到達すれば上出来」といった声もあがっていたが、ふたを開ければ、予想を大幅に上回る結果となった。

 同社にとっては、初めてのクラウドファンディングとなったが、FCCLの齋藤邦彰会長や大隈健史社長は、早い段階からこの取り組みを支援することを、社内に表明していたのに加えて、この製品の市場投入に強い意欲をみせていた開発部門が関連部門との調整に奔走。その踏ん張りが成果に表れた格好だ。2021年10月12日までクラウドファンディングを実施。出荷開始は2022年3月以降が予定されている。

 モバイルキーボード「LIFEBOOK UH Keyboard」は、世界最軽量ノートPC「FMV LIFEBOOK UH-X」で採用しているキーボードを単体製品として独立させて開発したものだ。

 FCCLでは、富士通PCが誇る「匠」の技術を継承する技術者を「マイスター」と呼んでおり、今回の製品は、キーボードマイスターの藤川英之氏と、プロダクトデザイナーの星真人氏が監修。CCC(TSUTAYA)グループのワンモアが運営するクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で実施した。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ