このページの本文へ

AREA「Mr.Anderson」

インテルチップと小型基板を採用するギガビットLANカード

2021年07月16日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エアリアから、インテルチップを採用するギガビットLANカード「Mr.Anderson」(型番:SD-PEGIN3-B)が発売された。価格は3980円。東映ランドやTSUKUMO eX.で販売中だ。

インテルチップを採用するギガビットLANカード「Mr.Anderson」

 ギガビットLANでは定番のインテル製コントローラー「WGI 210AT」を採用するLANカードの新製品。基板が小さいためスリム型PCケースやベアボーンでも心配なく利用できる。

 イーサネット標準の最大フレームサイズ(1518バイト)を超えるジャンボフレームに対応し、フレームサイズは9014バイトとなる。伝送方式は1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tに対応。動作状況をリアルタイムで確認できる2つのLEDインジケーターを搭載する。対応OSはWindows 10/8.1/8/7だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中