このページの本文へ

シャープ、液晶ディスプレーの輝度やコントラストなどの表示性能を飛躍的に向上させた「mini LED 次世代ディスプレイ」を開発

2021年06月29日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは6月29日、「mini LED 次世代ディスプレイ」を開発したと発表した。

画像左下、小型のLEDを高密度に敷き詰めたバックライトのイメージ

 光源であるバックライトとして小型のLEDを採用し、高密度に敷き詰めて制御することで、液晶ディスプレーの輝度やコントラストなどの表示性能を飛躍的に向上させている

 今回開発した試作機では、バックライトに同社の4K液晶テレビ「4T-C65CH1」と比較し、およそ1/10サイズの小型LEDを8000個以上配置し、1000以上のエリアに細かく分割して駆動。

 描写する映像に応じて各エリアのLEDの点灯・非点灯をきめ細かく制御し、電力を効率的に活用。2000nit(cd/m2)以上の高いピーク輝度と、100万:1以上の高コントラスト比を実現しているという。

 同社は本技術の早期実用化を目指し、テレビのさらなる高画質化に取り組んでいくとコメントしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン