このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第697回

EECで登録確認:

アップル、iPhone 13とみられる新モデル7種をロシア圏で登録

2021年06月29日 14時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはiPhone 13とみられる7モデルの新型iPhoneをユーラシア経済委員会(EEC=Eurasian Economic Commission)のデータベースに登録した。フランスのメディアConsomacが6月11日に報じた。

 同紙が掲載した資料によると、登録が確認されたのはA2628、A2630、A2634、A2635、A2640、A2643、そしてA2645の計7種類。いずれもiOS 14を搭載している。

 アップルは毎年この時期になると新型iPhoneをEECに登録しているため、いまのところ例年どおりの発売スケジュールで動いているとみて良さそうだ。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中