このページの本文へ

Deepcool「AS500 PLUS WH」

ヒートパイプまで白いオールホワイトのDeepcool製CPUクーラー

2021年06月27日 00時35分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Deepcoolから、サイドフロー型CPUクーラーの新モデル「AS500 PLUS WH」が発売された。販売しているのはパソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で価格は8400円だ。

ファンやトップカバー、ヒートパイプまでホワイトで統一したのが特徴の「AS500 PLUS WH」

 ファンやトップカバー、ヒートパイプまでホワイトで統一したのが特徴のサイドフロー型CPUクーラー。ベースとなるは昨年11月に発売された「AS500」で、高密度設計のフィンと6mm径のヒートパイプを5本搭載し48mm幅のスリムなヒートシンクはニッケルメッキ加工が施されている。

冷却性能が高いとされる「AS500」がベースの製品。ホワイト系パーツとの組み合わせがオススメだ

 冷却ファンは流体軸受け仕様の140mm(回転数500~1200rpm±10%/風量70.81CFM/風圧1.14mmAq/ノイズレベル最大29.2dBA)。ヒートシンクのトップカバー部分には、マザーボードと同期可能なアドレサブルRGB LEDを搭載し、付属のコントローラーで調整できる。なお、対応CPUはLGA 2066/2011-3/2011/1200/1155/1151/1150、Socket AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM2+/FM2/FM1。サイズは142(W)×102(D)×164(H)mmで、重量は1.19kgとなっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中