このページの本文へ

丸紅情報システムズ、ストラタシス製のマルチマテリアルPolyJet方式3Dプリンターの最新モデル「Stratasys J35 Pro」の取扱開始

2021年06月23日 14時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 丸紅情報システムズは6月23日、ストラタシス製のマルチマテリアル3Dプリンター「J35 Pro」の取り扱いを開始したと発表した。

 J35 Proは、硬質樹脂・硬質透明樹脂・DraftGrey・ラバーライク樹脂・ABSライク樹脂等の8種類の造形材料の中から最大3種類の材料を同時に使用した高速プリンティングを実現する、マルチマテリアルPolyJet方式3Dプリンター。対応しているソフトウェアは、GrabCAD Print。

 最大造形面積は1174平方センチメートルで高さ158mm、積層ピッチは18.75マイクロメートル。

 本体サイズは、およそ幅651×奥行661×高さ774mm、重量が約98kg。外付け消臭排気装置Pro Aero対応している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン