このページの本文へ

CORSAIR「CV650 2021」、「CV750」

奥行き125mmのコンパクト電源ユニットがCORSAIRから

2021年06月16日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CORSAIRから、80PLUS BRONZE認証取得の電源ユニット「CV」シリーズが発売された。ラインナップは650Wの「CV650 2021」(型番:CP-9020236-JP)と750Wの「CV750」(型番:CP-9020237-JP)2モデル。

80PLUS BRONZE認証取得の電源ユニット「CV」シリーズ

 サイズ150(W)×125(D)×86(H)mmと奥行き125mmのコンパクト設計を採用する電源ユニット。冷却ファンには、システムの低負荷時には回転を落とす120mm静音ファンを搭載している。

奥行き125mmのコンパクト設計を採用。小型PCケースにも取り付けやすくケーブルの取り回しも容易とアピールしている

 ケーブルは直結式で、24ピン メイン×1、4+4ピン ATX12V×2、6+2ピン PCI-E×2、SATA×7、ペリフェラル×2、FDD×1。そのほか保証は3年が提供される。

 価格は「CV650 2021」が8690円、「CV750」が9130円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中