このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

第8世代Coreプロセッサーはそろそろ買い替えの頃合い!?

Core i7-8700KからCore i7-11700Kに変えるとPCの総合性能がどのくらい変わるかチェックしてみた

2021年06月18日 17時20分更新

文● 宮里圭介 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オマケレベルではなくなった!?
内蔵GPUの意外な性能

 現在は半導体不足の影響でビデオカードが高騰しており、とりあえずビデオカードなしで新規PCを自作し、後から増設しようと考えている人もいるだろう。

 もちろん、当面は古いビデオカードを使い回すことになるだろうが、そうすると古いPCが使えなくなってしまう。こんな時、内蔵GPUでもゲームが遊べればいいのに……と考えるのは自然の流れだ。

 もちろん、内蔵GPUに過度な期待は禁物とはいえ、Xeアーキテクチャーの採用で性能がどのくらい向上しているのかは気になるところだ。そこで、Core i7-8700Kの内蔵GPUとなる「Intel UHD Graphics 630」と、Core i7-11700Kの内蔵GPUとなる「Intel UHD Graphics 750」の性能をチェックしてみた。

 まず試してみたのは、「FF XIVベンチ」だ。解像度が1920×1080ドット、画質はプリセットの「最高品質」としている点は、先ほどと変わらない。

Core i7-8700Kの内蔵GPUのスコアは、1476。評価は「設定変更が必要」で、遊べるレベルになっていない

Core i7-11700Kの内蔵GPUのスコアは、2063。評価は「普通」となり、ギリギリだが遊べるようになっていた

 結果は見ての通りで、スコアが約1.4倍にまで上昇。設定変更が必要だとされていた評価も「普通」となり、多少ガタツキはあるもののなんとか遊べるレベルにまで高速化していた。快適に遊ぶならもう少し解像度か画質を落とす必要はあるものの、軽量ゲームなら十分遊べるだけの実力があるといってもいいだろう。

 もうひとつ、3Dゲームはやらないものの、もっとカジュアルなゲームなら息抜きに楽しみたいという人向けに、違うタイトルのゲームでも実力をチェックしてみよう。試したのは、「ウマ娘 プリティーダービー」。フレームレートはゲームに影響がないため、純粋にCPUと内蔵GPUの負荷率で比較してみた。

Core i7-8700KではCPU負荷は10%前後だったが、GPU負荷は90%~100%と非常に高く、キャラクターの動きがぎこちないことも

Core i7-11700Kになると、CPU負荷は5%前後と半減。さらにGPU負荷も50%~55%あたりで安定し、余裕が出ていた

 キャラクターが大きく表示されるホーム画面の負荷が高いため、この画面を表示している時でチェック。結果は見ての通りで、ザックリといえば、Core i7-11700Kの負荷はCore i7-8700Kの半分となっていた。

 とくに注目したいのが、GPU負荷。Core i7-8700Kではギリギリ性能が間に合わないこともあったが、Core i7-11700Kなら余裕があり、別のカジュアルゲームを同時に起動したり、動画サイトを楽しむといったことをしても問題がなかった。

「Core i7-11700K」で快適なPC環境を手に入れる!

 Core i7-8700Kは今でも十分通用するだけの性能があるものの、今時のCPUと比べてしまうと見劣りしてしまうのは確か。とくにCPUのマルチスレッド性能がものをいうクリエイティブ系の用途を考えているなら、8コア/16スレッドのCore i7-11700Kは強い味方になってくれるだろう。

3年ぐらい前のPCからCore i7-11700Kに買い替えると、仕事もゲームもより快適な環境が手に入るのでオススメだ

 では、マルチスレッド性能があまり影響しない用途では意味がないかといわれれば、そんなことはない。純粋に複数ソフトの同時利用……例えばゲームをしながら録画や配信するとか、裏で動画エンコードをしながら仕事をする、といった使い方をするのであれば、CPU性能の高さが重要となる。

 こういったメガタスク用途でもしっかりと期待に応え、ストレスを感じずに利用できるのがCore i7-11700Kの強み。仕事も遊びも快適に使えるPCが欲しいと考えているなら、選んでおきたいCPUだ。

(提供:インテル / 菱洋エレクトロ)

パソコンでゲームを楽しもう!
「CORE GAMING DAY」が6月19日開催

 インテルCoreプロセッサーを搭載したPCならばゲームを思い切り楽しめる。そんな楽しみ方を紹介する特別番組「CORE GAMING DAY」が6月19日に配信される。

配信日時:6月19日19時~22時(予定)
ゲスト:SHAKA(DeToNator)
    Alelu(DeToNator)
    シンイチロォ

[第1部]Apex Legends オープンマッチ
 番組出演者の SHAKA&Alelu&愛美チームが、番組視聴者も参加できるApex Legendsカスタムマッチをプレー。

[第2部]Apex Legends ガチマッチ
 出演者と事前募集の当選者によるApex Legendsカスタムマッチをプレー。

配信チャンネル

CORE GAMING DAY チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UChP6nARcJxLS84_0qqEIMsg
番組特別サイト
https://core-square.jp/cgd/

マザーボードやNUCが当たる
Twitterキャンペーンを実施中

 Twitterにて、「もっとPCライフを楽しもう! # with インテル・キャンペーン」を開催中だ。キャンペーン用アカウント@Core_Square_CPをフォローし、「インテル製品とわかる写真」を撮って添付、「#withインテルキャンペーン」と欲しい賞品の#タグを付けてツイート投稿すれば応募できる。

 「Xbox Games Pass Ultimate」やロジクールのゲーミングマウス、フィリップスの快眠デバイスやASRock/ASUS/MSIマザーボード、インテルNUC 9 Extreamキットなど、多彩な賞品が用意される。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中