このページの本文へ

第8世代Coreプロセッサーはそろそろ買い替えの頃合い!?

Core i7-8700KからCore i7-11700Kに変えるとPCの総合性能がどのくらい変わるかチェックしてみた

2021年06月18日 17時20分更新

文● 宮里圭介 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

定番ベンチマークソフトを使い
実機での性能差をチェック

 PCの買い替えを検討している時に最も気になるのが、性能がどのくらい変わるかだ。今回比較したのは、Core i7-8700KとCore i7-11700Kを搭載したそれぞれのPCだ。マザーボードは異なるものの、それ以外のパーツは共通とし、なるべくCPU単体の性能差がわかるような構成でテストした。

第11世代Coreプロセッサー搭載PCの環境
CPU Intel「Core i7-11700K」(8コア/16スレッド、最大5GHz)
CPUクーラー NZXT「KRAKEN Z63 RL-KRZ63-01」(簡易水冷、280mmラジエーター)
マザーボード ASUS「ROG STRIX Z590-F GAMING WIFI」(Intel Z590)
メモリー G.Skill「Trident Z RGB F4-3200C16D-16GTZR」(DDR4-3200、8GB×2)
ストレージ Intel「SSD 670p SSDPEKNU010TZX1」(NVMe M.2 SSD、1TB)
ビデオカード ASUS「ROG-STRIX-RTX3060-O12G-GAMING」(GeForce RTX 3060)
電源ユニット SUPER FLOWER「LEADEX III GOLD ARGB 850W」(80PLUS GOLD、850W)
OS Windows 10 Home(64bit)
旧世代Coreプロセッサー搭載PCの環境
CPU Intel「Core i7-8700K」(6コア/12スレッド、最大4.7GHz)
マザーボード ASUS「ROG STRIX Z370-F GAMING」(Intel Z370)
  ※他は第11世代Coreプロセッサー搭載PCと同様

 ベンチマークソフトは、PCの総合性能をチェックできる「PCMark 10」、3Dグラフィック性能を試す「3DMark」、そして実際のゲームに近い負荷のテストが行なえる「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」(以下、FF XIVベンチ)と「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」(以下、FF XVベンチ)の4つを試してみた。まずは「PCMark 10」から順に結果を見ていこう。

Core i7-8700Kの「PCMark 10」の結果。総合スコアは6491となっており、今では平凡な数値となっている

Core i7-11700Kの「PCMark 10」の結果。総合スコアが7308と大きく向上。CPU性能が大きく向上していることがわかる

 総合スコアの伸びは約13%と大きく、コア数の増加、IPCの向上がしっかりとスコアに反映されている形だ。項目別のスコアを見ていくと、とくに「Digital Content Creation」でのスコアアップが大きい。

 これは写真やビデオ編集、CGレンダリングといった、いわゆるクリエイティブ系のテスト。CPU性能が重要となる分野だけに、違いが大きく出たようだ。

 続いて「3DMark」の結果だ。解像度や内容の違いで複数テストがあるが、今回は「Time Spy」のスコアで比較してみた。

Core i7-8700Kの「Time Spy」の結果。GeForce RTX 3060を搭載しているだけあり、スコアは8642と高め。注目したいのが、CPU scoreの部分。このスコアは7594となっていた

Core i7-11700Kの「Time Spy」の結果。CPUが変わっただけだが、スコアは9122へと上昇。気になるCPU scoreは11906と、驚くほど向上していた

 Time Spyのテストとしてのスコアは6%ほどの上昇にとどまっているが、注目したいのがCPU score部分。Core i7-8700Kでは7594しかなかったものが、Core i7-11700Kでは11906にまで大きく跳ね上がっているのだ。

 グラフィック性能は搭載しているビデオカードによる部分が大きいため、その差はあまり目立たないが、CPU性能そのものは、約1.6倍と大きく向上している結果となった。グラフィックの負荷がもう少し軽いテストとなれば、このCPU性能の差がより大きくなっていくだろう。

 実ゲームに近いグラフィック性能を見るために、「FF XIVベンチ」と「FF XVベンチ」の2つの結果を見ていこう。前者はDirectX 11でのテストとなるもので、比較的軽めのゲームベンチとなる。後者はDirectX 12でのテストとなり、重量級のゲームベンチだ。

 解像度はどちらも1920×1080ドットで固定。画質はプリセットの最大となる「最高品質」(FF XIVベンチ)と、「高品質」(FF XVベンチ)を選んでいる。

Core i7-8700Kの「FF XIVベンチ」の結果。GeForce RTX 3060搭載なのでスコアは高く、18381。評価は「非常に快適」となった

Core i7-11700Kの「FF XIVベンチ」の結果。グラフィックの負荷が軽めということもありCPU性能が色濃く出る結果に。スコアは20136へと向上した

Core i7-8700Kの「FF XVベンチ」の結果。重量級のベンチということもあり、スコアは9315とFF XIVベンチほどは高くない

Core i7-11700Kの「FF XVベンチ」の結果。CPUは高速化しているのに、スコアは誤差の範囲とはいえ少し低くなってしまった。それだけGPUへの依存が高いテストだとわかる

 先の3DMarkの結果でも触れているが、グラフィック負荷が低めのFF XIVベンチではCore i7-11700Kが圧勝しているのに対し、グラフィック負荷の高いFF XVベンチでは、ほぼ同じスコアとなっているのが興味深い。

 これは、GeForce RTX 3060がボトルネックとなっており、CPUの性能が発揮できない状況になっているためだと考えられる。ゲーミング用途でCore i7-11700Kを選ぶなら、より高速なビデオカードと組み合わせるとよさそうだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中