このページの本文へ

超広角で風景写真にも最適、マイクロフォーサーズ規格ミラーレス一眼デジカメ用交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」

2021年06月09日 16時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OMデジタルソリューションズは6月9日、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠し、超広角16mm相当~標準50mm相当までカバーしつつ高い描写性能を実現した「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」を発表。6月25日に発売する。

 35mm判換算で16~50mm相当となる超広角から標準画角に対応。10群16枚のレンズ構成にスーパーEDレンズやEDレンズ、EDAレンズなどの特殊レンズを使用することで高解像でキレのある描写を実現。大型DSAレンズの採用によりサジタルコマ収差を大幅に低減し、絞り開放でも画像の中心から周辺まで点像再現性に優れ、夜景や星景撮影で威力を発揮。さらに、ZEROコーティングとレンズ形状の最適化により、逆光撮影時のゴーストやフレアの発生を大幅に抑制している。

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkIII装着時

レンズ構成図

 最短撮影距離はズーム全域で0.23mと被写体に近づいてからズームリングを操作することで簡単に画角を調整でき、ハーフマクロに迫る最大撮影倍率0.42倍の迫力のあるマクロ撮影が楽しめる。また、手前から奥までピントが合った被写界深度の深い写真をカメラ内で合成する深度合成モードにも対応。IPX1相当の優れた防滴性能、防塵性能と-10度の耐低温性能を備えるほか、最前面のレンズにはフッ素コーティングを施すことで汚れがついた場合でもブロアーや布で除去しやすくなっている。

 価格は17万6000円。逆光撮影時にレンズに進入する不要な光をカットしてレンズの保護としても有効なレンズフード「LH-76E」が同梱。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン