LOVE YOKOHAMA! ヨコタカ店長が語る横浜の楽しみ方 第3回

【連載】行列が続く「エシレ」。並ばずに買える時間帯や商品は? 直近の状況とご購入方法を公開!

文●青木和宏(あおきかずひろ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 皆さん、こんにちは。横浜髙島屋の店長をしております青木和宏です。

 3月のグランドオープン以降、多くのお客様からご好評をいただいている横浜髙島屋の食料品フロア「フーディーズポート」。これまで2回にわたって「ベーカリースクエア」についてご紹介してきました。

 前回の記事はこちら。

【連載】話題沸騰の横浜髙島屋「ベーカリースクエア」。行列必至の人気商品、看板商品をご紹介!

※過去の連載記事はこちら:LOVE YOKOHAMA! ヨコタカ店長が語る横浜の楽しみ方

 今回はお問い合わせの多い「エシレ・パティスリー オ ブール」についてご紹介します。はじめに、連日朝早くからお並びいただいていることに感謝とお詫びを申しあげます。

 まずは「エシレ・パティスリー オ ブール」についてのご紹介から。「エシレ・パティスリー オ ブール」は、優れた乳製品の産地として知られるフランス中西部のエシレ村で生産されるA.O.P.認定発酵バター「エシレ」のお菓子専門店で、横浜が国内6店舗目となります。石灰分の多い土壌と大西洋側の温暖な気候に恵まれた環境で育った牛から摂れる乳の発酵バターは、クリームを乳酸発酵させてから作られていて、ヨーグルトのような軽い酸味があり、香り高いのが特徴です。

 次に商品ラインアップについてご説明します。とりわけ人気を集めているのが、店内厨房で当日焼き上げる焼き菓子。厨房が売場に面しているため、焼きたてがケースに並ぶ様子を目にすることも。「エシレ・パティスリー オ ブール」は店舗を限定した商品を展開するのも大きな特徴です。横浜髙島屋限定の商品が、焼きたてのパイ生地に相性抜群のバタークリームを搾り込んだまさに“バターが主役”のパイ菓子「ショソン・エシレ」。「結構ヘビーですか?」とのご質問をいただきますが、「軽いパイの食感にクリームが口の中ですっと溶けてバターたっぷりなのに重すぎずぺろりと食べられる」と評判です。

 また、レモン果皮の爽やかな香りと焦がしバターの風味が効いたパウンドケーキにグラサージュをかけた「ウィークエンド・エシレ」(4320円)も国内では3店舗のみの取り扱いとなる大人気商品です。そして、「エシレ」の代名詞といえば、なんといってもフィナンシェとマドレーヌ。店内での焼きたてが醍醐味ですが、私は翌日自宅でアルミホイルにふんわり包んでオーブントースターで温めてみたところ、香ばしさがさらに広がりました。

人気の定番商品、「フィナンシェ」と「マドレーヌ」(各324円)

 エシレバターをバタークリームとしてふんだんに使った「サブレサンド」3種も、エシレの魅力を存分に感じられる逸品です。

「サブレサンド(ブール、ラムレザン、ピスターシュの3種)」(各324円)

 続いて、販売方法と一日の流れについてご説明します。こちらは6月1日時点での状況ですので、記載の人数や時間、販売方法は変更になる可能性もあります。

 販売開始は10時ですが、9時30分前後(状況により前倒しの場合あり)から時間帯整理券の配布を始めています。最初の30名様はお並びのまま販売開始をお待ちいただきます。次の30名様には「10時30分の回」の整理券、その次の30名様には「11時00分の回」の整理券をお配りし、指定の時間と場所に再度お集まりいただき、順番にお買い求めいただく形になります。

 現時点で「11時00分の回」の最終整理券は10時から10時20分ごろご来店のお客様がお受け取りいただいている状況です。11時30分以降は整理券なしでもお買い求めいただけますが、その時点では後段に記載する人気商品は完売しているケースが多くなっています。お待ちの列は、14時ぐらいまでは15名様程度、16時ぐらいまでは10名様程度となり、18時以降は1~5名様程度まで短くなります。これらはもちろん人気商品の完売状況も影響しているわけですので、目安の完売時間を記載します。状況は日によって大きく前後しますので、異なってしまった場合はどうかお許しください。

 「ショソン・エシレ」は11~13時、「ウィークエンド・エシレ」は11~12時、「プティブール・エシレ」は13~15時、「サブレグラッセ」は14~16時、「マドレーヌ・エシレ」と「フィナンシェ・エシレ」は17~19時、「サブレサンド」は18~19時がそれぞれ完売時間の目安となります。

 言うまでもありませんが、「11時に完売する商品」は「11時前に行けば買える」というわけではありません。その時点では整理券をお持ちの方も含め、多くのお客様が事前にお並びの状況であることをご承知おきください。

 なお、完売状況は入口の立て看板に掲示していますので、参考にしてください。

完売状況は、店内設置の看板にてお知らせしています

 最後に、こちらもお問合せの多い「お日持ち」について。『ショソン・エシレ』は当日限り、『ウィークエンド・エシレ』は10日前後、『マドレーヌ・エシレ』と『フィナンシェ・エシレ』はお買上げから3日、『サブレサンド』は要冷蔵で2日間、『プティブール・エシレ』と『サブレグラッセ』は2~3週間、いずれも夏場は冷所保存をおすすめしています。詳細はスタッフにお尋ねください。

 大人気の「エシレ・パティスリー オ ブール」。オープニング時に比べれば、お並びの状況は落ち着いてきており、この状況が平常として続くものと思われます。上記が少しでも参考になれば幸いです。

■関連サイト

文/青木和宏(あおきかずひろ)

 1965年生まれ。1987年株式会社髙島屋入社。2017年より横浜髙島屋店長。
 趣味は、横浜の街歩き。横浜西59の楽曲「LOVE YOKOHAMA」では作詞を担当。