このページの本文へ

USB Type-C端子を備えるスマホやノートPCで最大384kHz/32bit再生が可能

ステレオミニ端子のないスマホでも有線イヤホンが使えるようになるUSB Type-C ポータブルDAC、上海問屋から

2021年06月03日 13時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は6月3日、3.5mmステレオミニ端子のイヤホンに対応するUSB Type-C ポータブルDAC「DN-916047」を発売した。価格は2480円。販売はドスパラ店舗および通販にて。

 モバイル環境でも手軽に高音質な音源の再生を楽しめるとうたう、超小型のUSB Type-C ポータブルDAC。3.5mmステレオミニ端子のないスマホで、有線イヤホンを使いたいときや、Bluetoothイヤホンだと音の遅延が気になるリズムゲームのプレー、動画再生など、さまざまな場面で活用できるとのこと。

 チップはCirrus Logic CS46L41を搭載し、USB Type-C端子を装備するスマホやノートPCに接続して最大384kHz/32bit再生が可能だ。3.5mmステレオミニ端子との接続ケーブルは8本編みの単結晶銅線を使用し、音質にも配慮した。

 対応OSは、Android 5.0以降/Windows 10/macOS Big Sur/iPadOS(iPad Pro2018以降のみ)。なお、Android/iPadOS端末ではマイク入力は使用できない。ケーブル長はおよそ8cm。重さはおよそ10g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ