見た目も性能も自由自在! 自分好みのPCは自作で手に入れよう

Mini-ITXマザーを使ってコンパクトなカジュアルゲーミングPCを自作

文●宮里圭介 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自作PCの醍醐味!?
個人の好みが大きく出るケースを選ぶ

 CPUとマザーボードが決まれば、次はケースだ。ケースは個人によって好みが変わるだけに、アドバイスできることはただ一つ。「好きなものを選べ」だ。

 ただし、将来の拡張をどうするかは考えておこう。SATA接続のSSDやHDD、ビデオカードを含む拡張ボードなどを使いたいなら、ベイや拡張スロットのあるケースが必要となる。

 CPU内蔵のグラフィック機能を使い、SSDはM.2で十分だと割り切れば、サイズを優先したケース選びもアリだ。

In WinのMini-ITX用ケース「B1」。ACアダプターではなく、200Wの電源内蔵というのがうれしい。縦置きにもできるため、机の上に置いても場所を取らないので便利

 今回は「コンパクトなカジュアルゲーミングPC」を目的としていること、将来ビデオカードを増設することも視野に入れておきたいので、拡張スロットのあるケースの方がいいだろう。

 コンパクトで拡張性があり、それでいて見た目にインパクトのあるケースを探していたところ、見つけたのがPHANTEKSの「EVOLV SHIFT 2 AIR」だ。Mini-ITX用としてはサイズは大きめだが、おもしろいのがその大きくなった方向。通常であれば奥行きが長くなるのだが、このケースは縦に長い。それもそのはず、マザーボードを90度回転し、通常背面にくるバックパネルが天板方向へと来るようになっているからだ。

「EVOLV SHIFT 2 AIR」の姿を見るとものすごく大きなケースと錯覚してしまうが、奥行きは274mmしかなく、かなりコンパクト

 また、この長さは拡張スロット部のサイズにも影響しており、小さいながらも2.9スロットのハイエンドビデオカードにも対応。さらに120mmのラジエーターを採用した水冷クーラーも内蔵できるというから驚きだ。

ビデオカードはそのまま挿せないので、延長して横向きに装着する。ちょうどファンが外側を向くようになるため、冷却面でも有利だ

 Mini-ITX用ケースの共通した悩みは、小型ケースであるがゆえに内部が狭く、組み立ての難易度が高くなることだ。「EVOLV SHIFT 2 AIR」も例外ではないが、少しでも組み立てやすくなるよう、前後左右のパネルがすべて外せて、内部へアクセスしやすいよう工夫されているのがうれしい。

小型ケースはとくに配線で苦労することが多いが、パネルが4面とも外せるため、内部をいじりやすい

 ケースと同時に決めておきたいのが電源ユニットだ。In Win「B1」のように電源内蔵ケースであれば悩まなくて済むが、ない場合は別途購入する必要がある。

 この時注意するのは、内蔵できる電源ユニットにも規格があること。「EVOLV SHIFT 2 AIR」は通常のATX電源は装着できず、コンパクトなSFX、もしくはSFX-Lという規格の電源ユニットとなるので、この規格に合う製品を選ぶようにしよう。

 悩みがちな電源容量だが、CPU単体で使うのであれば300W以上、ビデオカードも使うのであれば550W以上というのを一つの目安にしておくとわかりやすい。もちろんこれ以下の電源容量でも動作する可能性は高いのだが、余裕がある方が安定動作につながる。なお、容量の大きな電源ユニットを搭載しても、実際の消費電力はほとんど変わらないので安心してほしい。

今回はCooler Masterの「V650 SFX GOLD」を選択。コンパクトなSFX電源でありながら、650Wと大きめの容量がうれしい

 もう一つ、ケースに大きく左右されるパーツがCPUクーラーだ。Mini-ITXでは電源ユニットと同じようにサイズによる制限があり、空冷の大型CPUクーラーは搭載できないことが多い。ケースの詳細として、搭載できるCPUクーラーのサイズ(高さの制限)が書かれていることが多いので、まずはここをチェックしておこう。

 実例を出すと、In Winの「B1」では60mmまで、今回選んだ「EVOLV SHIFT 2 AIR」では85mmまでという高さ制限があった。CPUクーラーがどのくらい冷却できるかによってCPU性能が変わることも多いだけに、慎重に選んでおきたいところだ。

 薄型CPUクーラーとしては高めの冷却性能、そしてその静音性で多くの自作マニアから人気があるのがNoctuaの「NH-L9a-AM4」だ。わずか37mmしかないのでほとんどのケースに装着できるのがメリットとなる。

小型PCでよく採用されている「NH-L9a-AM4」。大型のCPUクーラーには敵わないとはいえ、37mmという薄さながらかなり冷やせる

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月