このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第677回

Bloomberg報道:

アップル新型「MacBook Air」M1後継チップ搭載か

2021年05月31日 20時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは現行のM1チップの後継となるプロセッサを搭載した新型MacBook Airを準備しているという。米メディアBloombergが5月18日に報じた。

 同紙によると、早ければ年末にも再設計されたハイエンドなMacBook Airがリリースされるという。このMacBook AirにはM1チップの後継モデルが搭載されるとのこと。

 チップのコードネームは「Staten」。M1と同じCPUコア数ながらいままでより高い動作周波数を持ち、GPUコアも最大10コアまで増える可能性があるという。

 このほか、同チップを搭載したローエンドの13インチMacBook Proも計画されているそうだ。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中