このページの本文へ

ラストマイルワークス、住宅関連業界向けのVR空間共有プラットフォーム「comony」のモバイルアプリβ版をリリース

2021年05月06日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラストマイルワークスは5月6日、同社が提供するVR空間共有プラットフォーム「comony」のモバイルアプリβ版をリリースしたことを発表した。

 comonyは建築や不動産、都市開発といった住宅関連業界向けのVR空間共有プラットフォーム。

  専用のSDKを利用することで、設計中の空間デザインや、都市計画をクラウド上に公開・共有することができたり、仮想モデルハウス内で接客・案内をすることができる空間プレゼンテーションツールとして活用することが可能。

  またビジネスアカウントを利用して、バーチャル住宅展示場の運営、建築ギャラリー展示、都市シミュレーションの実施などができるという。

 なお、一部機能はPC版のみでの提供となる。利用料は無料(ビジネス向けの利用は要問い合わせ)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン