このページの本文へ

自律走行型配送ロボット「RICE」とエレベーターを連携。他フロアへの配送実験を開始

2021年04月20日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セブン‐イレブン・ジャパンとアスラテックとソフトバンクの3社は4月20日、三菱電機と東急不動産の協力のもと「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」で自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を使用してセブン‐イレブンの商品を配送する実証実験を4月21日から本格的に開始することを発表した。

 3社はソフトバンクの社員が「セブン‐イレブンネットコンビニ」で注文した商品を、RICEでオフィスタワー内のセブン‐イレブン店舗から同じフロアの指定された場所まで配送する実証実験を、1月18日から試験的に行なっている。

 今回の実証実験では、RICEとエレベーターを連携させて、他のフロアへの配送を開始するという。

 セブン‐イレブン店舗のスタッフがRICEに商品を載せ、配送先を選択すると、RICEがエレベーターに乗り指定されたフロアへ移動。指定された配送先に到着すると、注文者のスマホに暗証番号が通知され、RICEに暗証番号を入力することで商品を取り出せる。

 実証実験は4月21日から6月30日まで行なわれる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン