このページの本文へ

Connected Design、2階建て以上の一軒家でも高速通信を実現するメッシュWi-Fiルーター「Linksys VELOP」を発売

2021年04月19日 19時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Connected Designは4月19日、ベルキンのメッシュWi-Fiルーター「Linksys VELOP」の取り扱いを開始したことを発表した。あわせて、本製品を導入する通信事業者向けに、同社独自のサービスとして、宅内の通信環境を遠隔で可視化する「リモートサポートツール」の販売を開始する。

 メッシュWi-Fiとは、網の目(メッシュ)状に張り巡らされたWi-Fiネットワークで、メッシュネットワークは、Wi-Fiルーター(親機)と複数のノード(子機)で構成されている。

 本製品は2階建て以上の一軒家や、広い間取りのマンションであっても安定した高速通信を実現するWi-Fiルーター。

 特長としてネットワークに接続する各デバイスが常に最速のノードとの接続を選択する機能を持つほか、ノード間相互通信として使われる5GHz帯も使用可能となる「ダイナミックバックホール」機能を搭載。

 またWi-Fiの電波の揺らぎを検知し、専用アプリを通じてユーザーに通知する機能も搭載されているので、外出時の防犯や遠隔地の高齢者の見守りなどに活用できるという。

 なおリモートサポートツールでは以下の情報を可視化・遠隔操作できる。

・親ノードが取得したモデムのダウン/アップロードスピード、Ping(リアルタイム/推移(毎時))
・ネットワークに繋がっている端末一覧
・端末ごとの信号強度
・親機周辺のワイヤレスチャンネルの使用具合、干渉具合
・宅内トラフィックの推移(毎時)
・遠隔からのルーター再起動

 デバイスは売り切り型商品となり、リモートサポートツールは月額費用が掛かる。詳細は要問い合わせとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン