このページの本文へ

ソニーが300万円超ハイエンドプロジェクターを刷新「VPL-VW875/VW275」

2021年04月16日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは4月16日、ホームシアター向けプロジェクターの新製品「VPL-VW875」(予想実売330万円)と「VPL-VW275」(予想実売60万5000円)を発表した。価格はオープンプライスで、発売は5月8日を予定している。

VPL-VW875

 VW875はVW855、VW275はVW255それぞれの後継機種。ダイナミックHDRエンハンサーを新たに搭載したのが変更点。明部をLSIで理想的なPQカーブに合わせた調整とする。暗部に関してはLSI処理に加え、光源と絞りの調光処理をして沈める。なお、VW275は、機械的な絞り=アイリス調整機能を持たないので、画質改善は明部中心となる。

VW275のブラック

同じくホワイト

 機能面では、同じ画質モードでもSDR/HDRについては別個の設定値を適用できるようになっている。これは昨年発表のVW775、VW575でも搭載されていた特徴だ。また、HDRオート時に「自動」を設定し、HDRコンテンツが入力された際にHDR 10モード/ハイブリッドログガンマの適用だけでなく、HDRリファレンスモードへの自動切り替えも設定で選べるようになった。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン