このページの本文へ

HyperX「HyperX Alloy Origins 60」

60%まで小型化されたHyperXのゲーミングキーボード

2021年04月09日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KingstonのゲーミングブランドHyperXから、ゲーミングキーボード「HyperX Alloy Origins 60」(型番:HKBO1S-RB-US/G)が発売された。価格は1万2980円。

60%サイズの小型ゲーミングキーボード「HyperX Alloy Origins 60」

 HyperXブランド初の60%サイズに小型化したゲーミングキーボード。キースイッチは8000万回の打鍵耐久性を実現する「HyperX Redリニアメカニカルスイッチ」で、RGBバックライトを搭載。またキーキャップにも高耐久な「ダブルショットPBT」を採用するなど、耐久性に優れているのも特徴だ。

60%まで小型化された本体が特徴。キーキャップにも高耐久な「ダブルショットPBT」を採用するなど、耐久性に優れている

 そのほか、キーごとに有効・無効を設定する「カスタムゲームモード」や、マクロキーの設定、最大3つまで保存できる「プロファイル」機能、100%アンチゴースト、フルNキーロールオーバーなどの機能を備える。本体サイズは296(W)×105.5(D)×36.9(H)mm、ケーブル長1.8m、重量781.5gとなる。

 パソコンショップアーク、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中