このページの本文へ

オタクコイン所有者へプレゼント抽選会も実施

「100枚限定オタクコイン硬貨」をデジタル販売、NFT活用した実証実験

2021年03月22日 19時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 一般社団法人オタクコイン協会とCryptoGamesは3月22日、ブロックチェーン技術のNFT(インターネット上に唯一無二の「世界にひとつだけのデータ」を生み出せる代替不可能なトークン)を活用した実証実験を開始すると発表した。

 今回の実証実験では100種類のカラーバリエーションからなるシリアルナンバー付きの「100枚限定オタクコイン硬貨」のデジタル販売およびオタクコイン保有者へのプレゼント抽選会を実施する。

 この実証実験は、ブロックチェーン技術を活用し、アニメ文化の発展に貢献する目的で活動を続けるオタクコイン協会が、NFTという先端技術を率先して活用することにより、実際にNFTを導入する時に起こりうるリスクやコスト、懸念点、メリット/デメリットを洗い出し、より滑らかで速やかな業界やコミュニティーへの浸透を目的としている。

 「100枚限定オタクコイン硬貨」の販売スケジュールは3月24日10:00からシリアルナンバー#31から#97、3月31日10:00から#11から#30、4月7日10:00から#01から#10がNFTマーケットプレイス「Rarible」にて先着での一次販売を予定している。

 シリアルナンバー#98と#99、#100については、同時スタートする「オタクコイン公式アプリ」内のプレゼント抽選会にて公開され、当選者(各1名)のみ獲得できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン