このページの本文へ

Thermaltake「Pacific MX1 Plus」

アドレサブルRGBに対応したThermaltakeの新型CPUウォーターブロック

2021年03月19日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeから、アドレサブルRGBに対応したCPUウォーターブロック「Pacific MX1 Plus」が発売された。価格は1万6478円。販売しているのは、パソコンショップアーク、オリオスペック、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店。

アドレサブルRGBに対応したCPUウォーターブロック「Pacific MX1 Plus」

 DIY水冷パーツ「Pacific」シリーズから登場したCPUウォーターブロックの新製品。鮮やかな12個のアドレサブルRGB LEDを備え、イルミネーションが映える鏡面仕上げのカバーを搭載する。

内部に0.15mmピッチのマイクロフィン構造を採用することにより、優れた冷却効率を実現する

 付属の専用コントローラーに接続して「TT RGB PLUS」ソフトウェアを使用することで、LEDカラーの個別設定やプロファイルの作成が可能だ。また、Razer社のLEDコントロール機能「Razer Chroma」との同期にも対応する。さらに、温度センサーを内蔵しており、リアルタイムにモニタリングすることもできる。

 対応プラットフォームは、LGA 1200/115x/1366/2066/2011v3/2011/775、Socket AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM2/FM1。サイズは直径93.4mm、高さ52.2mm、重量670gとなる。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中