このページの本文へ

Imperva、AWS Marketplaceにて「Imperva Cloud Data Security」の提供を開始

2021年03月12日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Impervaは3月12日、Amazon Web Services Marketplace(以下、AWS Marketplace)にて「Imperva Cloud Data Security」の提供を開始したことを発表した。

 現在、企業のデータ保存・使用形態は大きな変革期を迎えている。同社調査では、企業の96%はDBaaSを使用しており、ほぼ半数は自社データの75%以上をDBaaS環境に保存している。

 しかし、AWS DBaaSの初期設定ではデータの保護はできず、高いセキュリティー機能はDBaaSソリューションで使用されるインフラストラクチャーに限定されている。つまりAWS DBaaSネイティブのセキュリティー機能はOS、データベース技術は保護するが、企業データを保護できない問題が発生する。

 本製品は、企業のAWSのマネージドデータベース(DBaaS)内に保存されたデータのセキュリティー保護に特化したSaaSソリューション。MySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Server、MariaDB、Oracle、Amazon Auroraなど、Amazon RDSを通じて利用可能なあらゆるデータベースに対応するという。

 また本製品はSaaSソリューションなので、ソフトウェアのインストールは不要。数分であらゆるデータの保存場所とセキュリティステータスを明らかにし、セキュリティーポリシーの違反発生時には担当者に通知。また、セキュリティーのレビューやコンプライアンスの監査もサポートし、包括的なレポートの運用をいつでも行なうことが可能となる。

 その他、本製品は典型的なユーザー行動の基本的な理解を育み、非典型的・通常とは異なるアクティビティーを検知・通知することで、見つけづらいセキュリティー問題を特定。コンプライアンスの不備やデータの不正アクセスインシデントが発生する前に、問題を特定・解決することが可能となる。

  なお、本製品は30日間の無償トライアルを実施中。こちらから申し込みが可能。

カテゴリートップへ

ピックアップ