このページの本文へ

ドローン「Airpeak」や「aibo」も公開・展示

SONY、「VISION-S」試作車両をAIロボティクス事業の紹介イベントで一般公開

2021年03月09日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは3月9日、モビリティーの進化への貢献を目標に開発を進めているVISION-S試作車両を3月28日に一般公開するイベント「EV:LIFE 2021 FUTAKO TAMAGAWA」を開催することを発表した。

 また、2021年に事業化を予定しているドローン「Airpeak」の機体も公開すると共に、自律型エンターテインメントロボットaiboを展示。ソニーが推進するAIロボティクス事業の取り組みを包括的に紹介する。

 開催日時は3月28日10:00~19:00。会場はFUTAKO TAMAGAWA rise(二子玉川ライズ)イベントスペース「ガレリア」で、入場無料。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン