前へ 1 2 3 次へ

動画編集やゲームもこなせる薄型軽量ノートPC

第11世代CoreとGeForce MX450の搭載でクリエイターも使える高性能な14型<Yoga Slim 750i Pro>実機レビュー

文●山口優/編集●村野晃一(ASCII)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

提供(PR):レノボ・ジャパン

 昨秋以降、意欲的な新モデルが次々と投入されているレノボ・ジャパンの「Yoga Slim」シリーズ。そのラインナップの中でもグラフィックス性能を重視するユーザーにピッタリなのが<Yoga Slim 750i Pro>だ。第11世代Coreプロセッサーとディスクリートグラフィックスの「NVIDIA GeForce MX450」を採用しており、オフィスワークや画像編集だけでなく、動画編集やカジュアルゲーミングも快適に楽しめる性能を実現している。今回その実機を試すことができたので、製品の外観や使い勝手、パフォーマンスなどを紹介していこう。

14型ながら狭額縁化でコンパクトなボディを実現

 <Yoga Slim 750i Pro>は、名前に“Pro”とついていることからも推測できるように、処理性能を追求したハイパフォーマンスモデルだ。CPUやグラフィックスだけでなくディスプレイやストレージも高性能で、普段使いから動画編集やCG制作まで、幅広い用途に活用することができる。

 狭額縁デザインを採用したことで14型液晶ディスプレイを搭載しながら比較的コンパクトに仕上がっており、幅:約312.4×奥行き:約221.4×最薄部:約14.6mmと一般的な13.3型ノートPC並みのサイズになっている。質量も約1.33kgと軽く、外出先で作業したいときも気軽に持ち運んで使用することが可能だ。

 薄型軽量ではあるものの、本体素材にプレミアム感のあるアルミニウム合金を採用したことで堅牢性は高く、傷や汚れもつきにくくなっている。ボディカラーはライトシルバーで質感も高く、自宅やオフィス、カフェ、コワーキングスペースなど、場所やシーンを問わずに利用できそうだ。

本体カラーは明るくスタイリッシュなライトシルバー。アルミ素材のため質感が高くエレガントな雰囲気だ

幅:約312.4mm、奥行き:約221.4mmと、一般的な13.3型ノートPC並みのサイズに収まっている

前へ 1 2 3 次へ