このページの本文へ

今後数ヵ月でグローバルに展開

Apple TVアプリが「Chromecast with Google TV」で利用可能に

2021年02月22日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Googleは2月18日(現地時間)、Apple TV+を含むApple TVアプリが、「Chromecast with Google TV」で利用できるようになったと発表した。

 Apple TVアプリを使用すると、Appleから購入した映画やテレビ番組のライブラリーに加えて、おすすめコンテンツやApple TVチャンネルにアクセスできる。また、ファミリーシェアリングを使用すると、最大6人の家族がApple TV+やAppleTVチャンネルのサブスクリプションを共有できる。

 現在は米国において、Google TVでパーソナライズされたおすすめコンテンツや検索結果でApple Originalsを閲覧できる。また、Googleアシスタントを使用して音声でApple TVアプリを開いたり、Apple Originalのタイトルを再生したりできる。ウォッチリストも利用可能。これらの機能は、今後数ヵ月でグローバルに展開する予定。

 さらに、Chromecast with Google TVに加えて、ソニーとTCLのGoogle TVテレビでもApple TVアプリが利用できるようになると発表。今後数ヵ月以内に、より多くのAndroid TV搭載デバイスに展開する予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン