このページの本文へ

【 AI解析×秘密計算のEAGLYS】Microsoft for Startupsに採択

2021年02月19日 09時30分更新

文● EAGLYS

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

EAGLYS
セキュリティ・プライバシー強化技術を実装したDataArmorとAzureの機能連携を促進

EAGLYS(イーグリス)株式会社(代表取締役社長:今林 広樹、以下「EAGLYS」)は、マイクロソフトコーポレーション(本社:米国ワシントン州、以下「マイクロソフト」)が提供する「Microsoft for Startups」に採択されました。今後、秘密計算を中心としたセキュアコンピューティング技術でデータを秘匿化したまま共有・検索・分析やAI解析が可能なDataArmor(R)シリーズとMicrosoft Azureとの機能連携を促進してまいります。



■Microsoft for Startupsとは
 世界140カ国以上で展開されているマイクロソフト社が提供する新しい顧客やチャネルパートナーとスタートアップを結び付け、グローバルなエコシステムを作り上げることを目的としたスタートアップ支援プログラムです。

 当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとするテクノロジーのサポートに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。
 *Microsoft for Startups概要(https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx

■Azureを活用したプロダクト開発の加速
 プロダクト開発やR&D活動にMicrosoft Azureを活用し、プロダクト開発スピードの加速や品質向上に取り組んでいきます。また、現在提供しているセキュリティ・プライバシーを強化するソリューションDataArmor(R)シリーズとMicrosoft Azureとの機能連携を進めることで、ユーザビリティが一層高まり、より多くのお客様ニーズにお応えできる製品へ進化させられるものと考えています。今後、マイクロソフトのサービスを活かし、さらなる事業拡大に努めていきます。

*DataArmor(R) GateDB( https://eaglys.co.jp/solution/gate-db/
 常時秘匿化したまま共有・検索・分析などデータベース操作ができるプロキシ型ソフトウェア

*DataArmor(R) GateAI( https://eaglys.co.jp/solution/gate-ai/
AIアルゴリズムを秘匿化できるプロキシ型ソフトウェア

■ゼロトラスト時代のセキュリティ・プライバシー強化技術「秘密計算」
 秘密計算技術は、暗号化による保護範囲を「通信時」と「保管時」から「(メモリ上の)データ処理時」まで広げることで、暗号化したデータを活用する際に復号することなく、常に暗号化した状態でのデータ処理を可能とする新しい暗号技術の総称です。プライバシーに関わるパーソナルデータの分析・AI解析時、クラウド上での機密データの分析やAI運用、ビックデータ活用に伴うデータ連携時、信頼性の低いネットワーク使用時など、今後のデータ利活用社会における重要なインフラ技術として世界的に注目をされています。EAGLYSが独自技術を有する秘密計算技術は、性能向上の研究開発、データベース検索・分析やAI解析への応用技術、また製品としてのユーザビリティ追求の面において強みをもっています。

■EAGLYS(イーグリス)株式会社
 「あらゆるデータを安全に利活用し、価値に変える」という事業コンセプトで、DXに重要なAIとデータセキュリティの2軸を柱としています。「AIアルゴリズム設計・解析技術」と「秘密計算を中心としたセキュアコンピューティング技術」の両軸で企業のDX・データ利活用・事業創出を支援できることを強みとしています。

 事業として、AI構築・研究支援をはじめ、セキュアなリモート分析・AI解析環境や企業間データ連携・外販基盤の設計・構築支援を行っています。セキュアコンピューティング技術を活用した自社製品DataArmorシリーズ※もソフトウェア提供を開始し、日本を代表する大手企業各社と協業をすすめています。

「Tech Sirius 2019」最優秀賞、「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞、「ICT SPRING EUROPE2019」サイバーセキュリティ部門優勝、Forbes JAPAN「Rising Star Award」,「東京ベンチャー企業選手権」東京都産業労働局長賞、「JapanVentureAwards2020」中小企業庁長官賞、「EY Innovative Startup 2020」選抜ほか、東京都主催の「世界発信コンペティション」ではDataArmor(R) Gateがベンチャー技術奨励賞を受賞しています。

 ※データを常時秘匿化したまま共有・検索・集計が可能なデータベース向けプロキシソフトウェア「DataArmor(R) Gate DB」を提供、シリーズ第二弾としてAI向け「DataArmor(R) Gate AI」を準備中。

■会社概要

社名   : EAGLYS株式会社
URL   : https://eaglys.co.jp/
代表者 : 代表取締役社長 今林広樹
所在地 : 東京都渋谷区代々木1-55-14内海ビル301
設立 : 2016年12月28日
資本金 : 10億249,990円(準備金含む)
事業内容 :
- 秘密計算技術およびAI解析技術に関する研究開発
- セキュリティ・プライバシー強化ソリューションDataArmor(R)シリーズ開発・販売
- AI構築・データ利活用に関するコンサルティング及びプラットフォーム開発

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン