このページの本文へ

本物のようなレーシングカーの操作を体感できる、レーシングコックピットとモニターアームを発売

2021年02月17日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは2月17日、レーシングコックピットとモニターアームのセット品「150-SNCRC1SET」と単品でのパーツを発売した。サンワダイレクトにて。

 eスポーツの臨場感を上げてくれるレーシングコックピットで、各社のハンドルコントローラーを取り付け可能。

 また、背もたれのリクライニングが可能で、座面はへたりにくいモールドウレタンをシート裏は本物のレーシングカートと同じFRPを採用している。

 モニターアームは、テレビ裏のVESA穴を使用して固定、耐荷重は30kg。

 レーシングコックピットのサイズがおよそ幅600×奥行1285~1515×高さ1035~1160mmで重量はおよそ29kg。モニターアームのサイズがおよそ幅728×奥行267×高さ784mmで重量がおよそ6kg。

 価格は、レーシングコックピットモニタアームセット品「150-SNCRC1SET」(5万4800円)、レーシングコックピット単品「150-SNCRC1」(4万9800円)、専用モニタアーム「150-SNCRC1ARM」(6980円)となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ