このページの本文へ

JVC、高画質・広視野角のヘッドマウントディスプレー「HMD-VS1W」発売

2021年02月17日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JVCケンウッドは2月16日、高画質・高視野角を透過型で実現したヘッドマウントディスプレー「HMD-VS1W」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで受注生産品となる。

 HMD-VS1Wは、従来のヘッドマウントディスプレーで課題となっていた視野角の狭さ、低い解像度と実像が見えない空間における操作の違和感などを解決するためハーフミラー方式を採用した。

 水平視野角120度を確保する高解像度パネル(片目:2560×1440、両眼:5120×1440)を搭載、従来型のようにレンズを通して映像を見るのではなく、ミラーを介して直接映像を見ることができるので、周辺ぼけや色収差がなく画素感のない自然な視野を実現しているとのこと。

 また、本体前面をハーフミラー(透過型)になっているので実際の機器や計測器類を目視で操作可能で、バーチャル映像を見ながら現実の操作できる。

 Valve Corporationの「SteamVR Tracking System2.0」に対応、市販のベースステーション(SteamVR Base Station 2.0)の組み合わせにより、本機のトラッキングが可能。

 肌に直接触れるパッドはアルコール(エタノール)による消毒が可能で交換も簡単にできる。

 ヘッドホン端子(ステレオミニプラグ)があるので任意のヘッドホンやイヤホンを使用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ